2022年12月4日

トラックドライバーの求人に応募するのに必要な免許の取得方法を知ろう!


必要な免許を取り扱っている教習所で学ぶのが一般的

トラックドライバーの求人に応募するためには、募集している仕事で使用する車両を運転できる自動車運転免許が必要です。もし、対応する免許を持っていないのであれば、まずは運転免許取得に取り組まなければなりません。今日では、自動車の運転免許を所有している人の多くが自動車教習所に通って知識や技能を学んでおり、トラックドライバーの仕事で必要な免許をとるときにも有効な方法です。合宿コースがある教習所を選択すれば、短期間で卒業して運転免許試験場での本試験に臨むことができるでしょう。

トラックドライバーの求人応募に先立って運転免許取得を目指す場合、教習所によっては応募に必要な免許に対応していない場合があることに注意が必要です。特に、大型免許については取り扱っていない教習所が少なくなく、自宅から一番近い教習所でこの免許を取り扱っていない場合は、遠方の教習所まで学びに行く必要があります。

自信があるなら一発試験で取得を目指すことも可能

トラックドライバーとしての車の運転に関する知識や技能にある程度の自信がある場合は、一発試験での免許取得も選択肢の一つになります。一発試験とは、自動車教習所へ行かずに直接運転免許試験場へ行き、適性検査・学科試験・実技試験をすべて受けることを指します。実技では、運転免許試験場に用意されているトラックを使用して、仮免許試験では場内に設けられているコースを走行し、本免許の試験では教習所での卒業検定と同様に公道上を走ります。一発試験は合格率が低いですが、教習所に通いながら免許取得を目指す場合に比べて、仮免許の段階からでも1週間程度の期間があれば免許をとることができ、取得にかかる費用も数万円で済むのが利点です。

トラックドライバーの求人は数多く募集されています。とくに、夜勤の場合は、かなり稼げることから人気です。

Previous post 仕事もプライベートも充実!派遣秘書という働き方
Next post 希望通りに外資系転職をするにはどんな点に気を付けると良いか?