2022年8月15日

仕事もプライベートも充実!派遣秘書という働き方


秘書の仕事内容と求められるスキルとは

秘書とは上司の業務をサポートする仕事です。仕事内容は、スケジュール管理や来客応対、メールや電話の対応や雑務、さらには書類作成や事務補助など多岐にわたります。重要なポストに就く多忙な上司をサポートするために、事務処理能力や判断力、洞察力が求められる仕事です。上司の代理で対応することもあるため、正しいビジネスマナーの習得が求められます。

秘書になるのに必要な資格

秘書検定という資格がありますが、資格がないと秘書になれないわけではありません。秘書検定は民間資格で、秘書に必要とされる資質や職務の知識、さらには一般知識やマナーおよび接遇や技能が問われます。とはいえ、社会人としての知識やビジネスマナーが習得できるため、秘書を志望しない受験者も多いです。受験に際して年齢などの条件はなく、誰でも受験できます。

派遣秘書という働き方

社員の秘書は、秘書以外の業務に異動になる可能性があります。しかし派遣秘書であれば、秘書に特化したキャリア形成が可能です。さまざまな職場で働けば秘書としての経験を積めますし、スキルを高めることによりキャリアアップに繋がるでしょう。

秘書の仕事とプライベートの両立

派遣の場合は契約で勤務時間や業務範囲が決まっていますから、勤務時間外の業務を求められることはありません。たとえば、子育て中は残業の少ない職場を希望し、子どもの手が離れたら勤務時間を長くするなど、ライフスタイルにあわせて勤務条件を変えることもできます。派遣秘書は、仕事とプライベートが両立できる働き方なのです。

秘書の派遣業務は、レベルに合わせて選ぶことが出来ます。具体的には、秘書アシスタント、チーム秘書、役員秘書、社長秘書などです。

Previous post 職種によって変わりやすい!ドライバーの仕事
Next post トラックドライバーの求人に応募するのに必要な免許の取得方法を知ろう!