2022年10月4日

職種によって変わりやすい!ドライバーの仕事


人を乗せて運転するタクシードライバー

車を運転するドライバーの仕事は複数ありますが、駅などで人を乗せて運ぶのがタクシーの仕事です。タクシードライバーは出来高制で働くので、実力がある方は高収入を得ています。ただ十分に経験がないと資金を稼げず、給料が低くなってしまう場合があります。タクシードライバーになるためには、運転の技術が必要になります。日頃から車の運転をして慣れていれば問題ありませんが、働くためには資格試験に合格しなければいけません。普通の運転免許証だけではタクシーの運転はできないため、試験対策をして合格できるようにしておく必要があります。試験の支援をしてくれる会社もあるので、そのようなところに入社できれば働きながら取ることもできます。

荷物の運搬をするトラックドライバーの仕事

荷物を運ぶトラックは特別な乗り物で、多くの分野で使われています。トラックドライバーになるためには特別な資格がいるので、働きたいなら事前に取っておく方法もあります。ただドライバー求人を出している会社には研修制度が充実している所もあって、入社後にすぐ取れるように支援してくれる場合があります。またトラックドライバーの仕事は大きく分けると二つあって、一つは長距離を移動するものです。遠くの地域まで荷物を届けるトラックの仕事は、肉体の負担が大きいですが高収入を得られます。もう一つは短い距離を移動する仕事で、住宅地で宅配などをする作業をします。給料は長距離のトラックの仕事に比べると低くなりますが、早めに家に帰れるのでプライベートとの両立がしやすいです。

ドライバーの求人は、地域密着のタクシー会社やバス会社、運送会社など様々な事業所で募集が行われており、職場によって必要な免許や経験が異なります。

Previous post 仕事探しで採用率を高めたい場合の選び方のコツとは?
Next post 仕事もプライベートも充実!派遣秘書という働き方