2021年9月18日

どんな仕事があるの?工場の仕事の内容とは


日本の工場の種類とは

工場と一口に言っても、工場の種類によってその仕事内容は非常に様々です。求人票において同じ文面の仕事内容であったとしても、工場の種類によっては、雰囲気も気を付けるべき点も大きく異なるので注意が必要となります。日本の工場は、金属関連をはじめ、繊維関連、食品、機械、化学などが多いです。その中でも、特に従業員数が多い工場は、金属工場と繊維工場と食料品工場といえます。

製造ラインの工場の仕事

工場の仕事はいくつかの種類に分けることができ、そのひとつが製造ラインの仕事です。製造ラインの仕事は、組み立てと加工、検査と仕分けに分けることができます。製造ラインの仕事とは、材料を加工機械に取り入れることをはじめとして、ベルトコンベアから流れてくる制作物を待ち構えて、部品を取り付けたり、加工したりすることです。このほか、完成した製品や部品に不備がないかどうかの検査をする仕事、搬入に備えて同じ種類の商品ごとに分別する仕分けの仕事も含まれます。

部品供給の工場の仕事

部品供給の仕事は、フィーダーと呼ばれる部品供給の仕事とフォークリフトなどを用いて行うピッキングの仕事に分けることができます。部品供給とは、製造ラインに対して必要な時に必要な部品を、必要な数だけ供給することといえます。また、製造ラインが複数ある場合は、次の製造ラインに前の製造ラインで作った作成物を運ぶこともこの仕事のひとつです。台車やフォークリフトを使用することもあります。製造ラインは一定のスピードで進んでいくので、滞らないように供給することがポイントです。

ライン管理の工場の仕事

ライン管理とは、製造ラインが順調に進んでいるのかを管理する仕事のことです。スピードや品質に問題がないかを確認します。

埼玉の工場の求人とは、埼玉にある工場が労働力となる人をさがし求め、雇入れるために行う活動のことです。

Previous post 工場の仕事がしたい?それならば勤務体制をチェック!
Next post バスドライバーの仕事とは!?魅力やメリットを詳しく解説!