2021年9月18日

工場の仕事がしたい?それならば勤務体制をチェック!


なぜ勤務体制のチェックが大事なのか?

工場での仕事を希望する動機は人それぞれかもしれません。ただしせっかく働くのであれば、できるだけ長く続けたいものです。そこで工場の求人を探す際に大切なポイントになるのが、勤務体制をよくチェックすること。例えば製造業でも24時間稼働し続ける自動車工場もあれば、日中だけ稼働する製本業のような工場もあります。また同じ工場内でも製造ライン系の職種は24時間3交代制で働く一方で、事務系の職種は8時から17時までの定時勤務のようなケースも珍しくありません。

このように一口に工場の仕事といっても、業種や職種ごとに仕事の内容や職場の雰囲気だけでなく、勤務体制にも差異があるので、求人を探す際には自分の体力や生活リズムまで含めて考えることが大切です。この視点が欠けると、長く働き続けることは難しいかもしれません。

交代制勤務にも色々なタイプがある!

工場の勤務体制では、交代制によるシフト勤務を採用するケースが目立ちます。特に製造業ではラインを24時間稼働し続けることが多く、必然的にそこで従事する作業員も、交代しながら日中や深夜に働くことになります。ただし交代制勤務には色々なタイプがあり、24時間365日ずっとシフトで働くとは限りません。繁忙期のみシフト勤務になったり、日曜祝日は製造ラインが止まるため固定の休日が取れるなど、工場の事情ごとに異なります。また固定型のシフト勤務であれば、昼勤専属あるいは夜勤専属といったように同じ時間帯のシフトに入るため、生活リズムも作りやすいと言えます。

東京の工場の求人には、長期間の雇用が期待できる正社員や、短期間のみ働けるアルバイトなど様々な雇用形態のものがあります。

Previous post ワンルームの寮は無料が当たり前?寮賃の状況を知っておこう!
Next post どんな仕事があるの?工場の仕事の内容とは