2021年9月18日

未経験者もOK?工場の期間工求人を詳しく学ぼう!


誰でもできる単純作業が多いが注意点もある

工場求人の中でも雇用期間が限定されている期間工は誰でも働くことができると言われています。繁忙期の増員を目的とした求人が多く、特別な技能や資格を必要としない単純作業が主なのが理由です。製造ラインでの検品や荷物の仕分けなどが一般的ですが、細かい仕事内容は業種によって異なります。仕事内容によってはある程度の経験が必要なこともあるので事前の確認が不可欠です。また、車両の運転や機械操作などを行う作業はそれぞれの資格や免許が必要になるので併せて注意しましょう。

期間工は時給単価が高い

期間工の特徴として時給単価の高さがあります。通年雇用と比較すると数割ほど高く設定されていることが多く、短期間で稼ぐことも不可能ではありません。そのため、お金を貯めることを目的に複数の期間工の仕事を掛け持ちする人もいます。多く稼げるメリットがありますが、その一方で福利厚生の対象外になるケースも少なくありません。通年雇用の従業員とは異なり、車内の設備を利用できないなどのデメリットがあるので長く働くことを検討する際は注意が必要です。

派遣会社を経由して働くケースが多い

工場の期間工は派遣会社に登録したうえで働くケースが一般的になっています。工場を運営する会社が直接雇用するよりも人数を多く集めやすいのが理由です。求職者も居住地域を問わず仕事探しができるので、地元にこだわらず働くことが可能になっています。同じ仕事でも派遣会社によって時給の金額が異なるので、登録の際はサポート体制などを比較して決めることを心がけます。

茨城の工場の求人は生活サポートが充実しています。寮制度や食事補助など生活を支援してくれる福利厚生があります。

Previous post 警備員の種類は3種類ある?体力と報酬のバランスで選ぼう
Next post 工場の求人は給料で選ぶ?福利厚生も加味しよう!